言いたいことは分かるが

 私の通勤経路の途中に大阪市役所があるが、ここ最近帰路につく時間帯には市役所の前でスピーカーによる演説というかスピーチというかなんかしゃべっている。 今日は警察も出ていて少しばかり緊張感があった。 なんで警察まで出動していたかというと、韓国の慰安婦問題に関するスピーチをしていた側と、そのスピーチに対して否定的なスピーチをする側がいて、敵対するような格好になっていたためだと思う。 慰安婦問題に対する韓国側の対応が気に入らないとする演説者に対し、それはヘイトスピーチであると主張しているのだが、電池が切れているのか何なのか知らないがスピーカーでしゃべっているにもかかわらず声が全く拡声されておらず相手に届いていない。 なんだよそれじゃ喋ってる意味ねえじゃん。 韓国側を非難するスピーチをしている方もしゃべり方がその辺のおっさんレベルで論理的なところは感じられず、感情の赴くままに喋っている感じである。 まぁ桜井誠までとは言わないがもう少しましなスピーチをしないと道行く人も誰も耳を傾けることはないだろう。 まぁこんなことやいろんなことを見ることができて通勤は楽しいもんである。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック