買い玉1単位を決済

 本日528.7円で建値524.5円の買い玉1単位を決済しました。 今週の方針通り買い玉は薄利で決済したわけですが、薄利過ぎたかなという気もしています。 薄利というよりトントンに近いような・・・、まっ、しゃあない。 とにかくこれでポジションは5-1となりました。 ここから下げて行っても全然大丈夫なポジションになりましたので、残った最後の買い玉は薄利でなくそれなりに利の乗ったところで決済したいと思います。 なのでこのまま上げた場合、次の建玉操作としては買い玉の決済ではなく、先に売り玉を建て、買い玉の決済はギリギリ目一杯のところでしようと考えています。 まぁギリギリ目一杯を狙ってもそんな神様じゃあるまいし天で決済できるとは思えないですが、決済する前に下げに転じても一向にかまいません。 決済した後にさらに上げ続ける方が怖いですからね。 ということで売り玉はそこそこ上げたなと思うところで建玉し、買い玉は上げにとことんまで付いて行く感じですね。

 さて相場以外ネタとして今日は私が生まれて初めて見た七分袖カッターシャツについて。 今朝の出勤時のことであるが、いつものように淀屋橋で地下鉄を降り、大阪市役所の横を通って職場に向かっているとき、私の前を歩いていた男性が来ていたシャツが半袖ではなく長袖でもない七分袖のシャツだったのである。 七分袖のシャツを着ている人を見たのは初めてで、へぇーこんなん有るんやと思ったというかビックリした。 Tシャツや下着のシャツは七分袖があるのは知っていたがカッターシャツであるとは知らなんだ。 しかしハッキリ言うて売れへんと思うわ。 中途半端やわ、ダサイわで絶対流行らへん、保証する。 どこのシャツメーカーか知らんけどようあんなもん作りよったなと思う。 メーカー名が分かったら電話してやるのに、「絶対流行らへんから製造中止したほうがええで」って。 センス悪すぎやわ、あんなシャツ着るくらいなら長袖のシャツ着て袖まくってる方がなんぼかええで、いやほんまに。 まぁそんなことを思いながらも自分の職場に着いたのでそのシャツを着た人とは離れ離れになったが、あとで思ったのはひょっとしてあの人が着ていたのはサイズを間違えたシャツを着ていただけではないのかと。 袖丈のサイズを10センチほど間違えた長袖シャツを買ってしまいそれをそのまま着ていただけではないかと・・・。 明日もしまたあの人を見かけたら聞いてみようと思う、「サイズ間違えはったんですか?」って。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック