売り玉決済

 本日売り玉1単位を484円台で決済(利食い)し、ポジションを3-3のスクエアにしました。 ここまでは計画した予定通りの運びです。 あとは明日の日銀の結果を受けてどう動くかだけです。 一応のシミュレーションはしていますが、想定外の動きになって値動きに自分がついていけなかった場合は無理せずに動かない方がいいと思っています。 幸いにポジションはスクエアなのだからね。 明日の日銀は今までで最も期待度が高いようなので、上に振れても下に振れても大きな動きになるのかなという気がしています。 ということでいよいよ明日は勝負の日となりますので、今日の晩は風呂から上がったら勝負パンツを穿いて明日に備えなければなりませんが、あいにく私は赤いビキニのパンツは持っておらず白のブリーフしかありません。 あぁ勝負できない・・・、ザラバが見れる最終日だというのに・・・、ぐすん。 

 今日の朝刊に最低賃金のことが載っていて、全国平均で3パーセントほど引き上げられるようだ。 それでも時給800円台前半にしかならず政府の掲げる目標である1000円にはまだまだ遠い。 それでも毎年最低このくらいづつでも上がればまだ希望は持てるのだが、この傾向がストップするようなら問題である。 時給というとパートやアルバイトを思い浮かべるが、今は正社員、正職員でもこれに近い金額の企業も多いんである。 まぁ社会保険等を考えれば同じというわけではないが・・・。 最低賃金が引き上げられたら苦しくてやっていけないというような企業は社会から退場してしまえばいいと思う。 そんなビジネスモデルしか構築できていない企業なんて社会にとって必要ないと思うのである。 それから最近盛んに言われる同一労働同一賃金も労働者にとって本当にいい政策なのかどうか疑わしい。 確かに非正規の社員、職員にとっては今よりも労働条件としては改善されるかもしれないが、正社員や正職員にとってみたら改悪になる可能性が高いように思えるのである。 非正規を正規の基準に引き上げるのならいいが、非正規を引き上げる分正規を引き下げる方向に行くように思えて仕方がない。 つまりトータルでは以前と変わらないということね、だいたい企業なんてそんなもんだろ。 そもそも正規と非正規で同一労働になんかなるわけねえだろうが、そんな政策やめてしまえ!


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック