FC2ブログ

Entries

よっしゃ!上げや

 今日は高値635円まであって終値634円で引け、上昇再開となりました。1-5のポジションの私からすれば上げる方が当然うれしいのでもっともっと上げて欲しいところですが、押し目を作らずに上げておりますので、この先そんなに期待しない方が良いだろうと思っています。起点を5月21日としても新値本数は今日で既に12本に達しています。強い上昇トレンドの時でも通常新値本数は15本が限度とみられていることから、精...

今日は反発

 本日のMUFGは高値621円まであって、引けが619円となりました。終値では戻り高値ですがザラバの新値は更新しておりません。今日の足を見ると一見強そうな感じをうけますが、高値圏ではこういうダマシもよくあります。もちろん明日以降も上昇を続ける可能性もありますし、下げるにしてもしばらく高値圏で持ち合うことも多々あることなので、今の時点では上げるか下げるかは五分五分と見ておけばいいと思います。まぁどち...

読み通りの展開かな

 全体相場はプラスで引けたが、MUFGは前日比5円安で高値、安値ともに切り下げての陰線引けでした。今日のところは想定通りの展開となっていますが、さぁ明日以降はどう動くでしょうかね。昨日の時点では下げに向かう可能性を70パーセントとしていましたが、今日の足で80パーセントになったかなと思っています。もし明日2本目の陰線新値が出れば90パーセントになるかな。今2本目の陰線新値が・・・と言いましたが、明...

下げ(押し)に入ったかな

 新値本数と上昇値幅と今日の足から見て、下げに入ったように思うがどうだろう。下げ(押し)に入ったのだとすれば前から言っているように、今回は押しても580円台までとみている。590円台で再上昇に向かうことだってあり得るわけだから、あまり悠長に構えてもいられないかなと思っている。まぁ値位置と新値本数の兼ね合いで判断して行くしかないが、つなぎの売り玉は、利益が出ている状態で手仕舞いしてしまうつもりだ。本...

今週の売買方針

 そこそこの上昇圧力が感じられることから、今週も堅調な値動きが想定される。となれば売り上がり方針に変わりはないが、今までと違うのはつなぎの売り玉を金曜日に建てたことで少々の上げでは手仕舞い(利食い)はしないということになる。気持ち的には現在保有している5単位の買い玉は限界まで持って上がるつもりである。そうは言っても現実的にはある程度上げれば利食いを入れて行くことになるが、まぁ売値(611円)から2...

売り建てました

 今日の寄付で新規売り建てました。建値は611円でした。手仕舞いの売りではなく、新規売り建てとしたのは先日の記事で書いた通りです。つなぎ売りとしたのは、現在の値位置と日柄では、とにかくこれ以上買い玉を減らしたくないというのがいくつかある理由の中で最も大きい理由です。本日でポジションは1-5となりました。今日売った理由を敢えて言うなら、新値本数と底値からの上昇値幅を勘案して、ということになります。つ...

参りました

 いやぁー強いですね、全体相場が下げる中で「何この強さ?」って感じです。これで私の予想は木端微塵に砕け散りました。個人的には予想は外したけど、利益の面ではフォローの風が吹いてうれしいです。所謂花より団子状態と言ったところです。MUFGのようなメガバンク株は通常は全体相場の動きとほぼ連動するのにどうしたんですかね。まぁ有体な理屈を言えば「出遅れ修正」ということになるんでしょうが・・・。何事も順番なん...

予想の上限

 思いの外強いでんな、今日は611円での高値引けとなりやんした。予想上限の610円を1円オーバーしとりますが、1円、2円は誤差の範囲ということで堪忍しとくんなはれ。明日以降611円超で引けたら潔くハズレを認めますさかいに。まぁしかしそんなピンポイントで当たる方がどうかしてるわな、神様じゃあるまいし。(こいつハズレの予防線張ってけつかる) 相場っちゅうもんは当たらんことを前提に、外れた時にはどうする...

シナリオに沿って売買

 今日の寄付で1単位手仕舞いし、ポジションを0-5としました。562円の買い玉を602円で手仕舞いましたので、40円の利食いになりました。昨日の足が新値を取っての陰線包み足となって、終値で5日線も割り込んだので売り手仕舞いとしました。今日の足は更に戻り新値を取っての寄り引け同時の十字足となりました。高値は608円で以前から言っていた目先ピークは610円までの600円飛び台になっています。これで明日...

メンタルコントロール

 今日は趣向を変えてメンタルに関する記事で行ってみます。相場というか波動を予想するに際して、テクニカルをはじめ知識的なことももちろん必要であるが、それらの知識を駆使して考え予想するには客観的、中立的に相場を見て行くことが絶対に必要である。そして客観的、中立的に相場を見るには平常心でなければ無理である。片寄った過大なポジションを抱えていてはとても平常心で相場を見通すことはできないだろう。だから私は片...

Appendix

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR