Latest Entries

移動平均線

 新手法に切り替えるにあたって監視銘柄も今回選定し直した。 半年前に多銘柄売買に変更してから監視銘柄を選定し直すのはこれで5回目くらいになると思う。 いやぁ月平均したらほぼ毎月やってることになるんだがもうこれでお終いにしたい。 何回やりゃあ気が済むんだって話よ。 新手法には日経225と日経JPX400の銘柄が合ってると思い、これらの中から今回は400銘柄強を選定した。 これだけあれば最大3銘柄しか手掛けないので十分だと思う。 今回手法を変えたことによって何が変わったかといえば、今まで全く使わなかったインジケータを使用することになったのが最大の変化である。 10年近くやってきたうねり取りにインジケータは全く不要だったこともあって、多銘柄売買に移行してからもインジケータは全く使用してこなかった。 それが今回の手法では最低でも移動平均線だけは必要になる。 そりゃあ今どきインジケータ(移動平均線)を使わない手法なんて存在しないのだからね。 しかし我ながら今までよくインジなしでトレードしてきたもんだと思うね、そりゃあ勝てんわな。 そもそも私の場合移動平均線に対して偏見があって限りなく無視に近い軽視をしてきたのだが、今回使用するにあたり改めて移動平均線について勉強し直してみたら、移動平均線無しでトレードするなんて大げさに言えば漆黒の闇夜を彷徨っているようなもんなんじゃないかということが分かった。 移動平均線を使えば銘柄選定にしても売買ポイントを探すにしても今までと比べると遥かに楽なのである。 まぁインジケータを使えば勝てるというものではないだろうが、使わなければまず勝つのは難しいように思うのである。 個人的には移動平均線とMACDのトレンド系のインジがあれば十分なような気がするが、オシレータ系のインジも1つぐらいは使った方がいいのかな。 しかし移動平均線(グランビルの法則)なんてどの株の入門書にも書いてある基本中の基本であるにもかかわらず、今まで使ってこなかった俺って相当なバカ?って思ってしまったよ。 これぞまさに独学の弊害だね。


株式ランキング


ここは買い

 新手法による最初の売買は住友大阪セメント(5232)の買いでした。 512円で買って引け値が514円となりました。 チャートを見る限り買いタイミング的には一昨日がベストのように思いますが、一昨日や昨日ではルール的に仕掛けられないので仕方がないです、最初からルールを破るわけにもいきませんので。 ということで新手法によるスタートはまずまずといったところですかね。 全体相場の方は今日はさすがに下げていますが、相変わらず強いという感じがしています。 なのでこの局面での売りは基本的に考えられないところだと思っているので、この先来週、再来週といくら上げようがカラ売りはしません。 来週も買いだけ考えて銘柄選択とエントリータイミングを計ります。 こんなに高いところからさらに買うのか、ここから買ってパフォーマンスが見込めるのか、と訝しがられる方もおられるとは思いますが、日経平均やTOPIXの全体相場もまだ上げ余地はあると思っていますし、何より個別銘柄で見るとまだそんなに上げていないものが結構あるのでそれらの銘柄を狙うことである程度のパフォーマンスなら十分見込めると思っていますので、私はこの局面は買いで攻めることにしています。 仮にロケットマンがミサイルを発射しても今の相場なら耐性ができているのでノープロブレムです。 以上今年は秋分の日が土曜日に重なってとても喜んでいるへんこ爺でした。


株式ランキング

明日から始動

 1週間ほどトレードを休んで手法、メンタルともに改善を図るべく行動してきたつもりである。 新たに採用した手法の細部はまだ詰まっていないところもあるが、とりあえず実戦で試行してみたいと思っている。 完成された手法をパクってきたはずなのになんで詰まっていない部分があるのか? それは手法の骨格部分しかパクれなかったので細部については自分で構築する必要があるためです。 まぁ骨格部分さえ分かっていればそんなにひどいことにはならないと思っているので・・・。 それにしてもこんな相場状況で新手法をスタートさせるのもちょっと勇気がいるなぁーという気がしないでもないが信じるしかない。 これだけ急騰すれば売りたくなる、売らないまでも買うのは控えたくなるという人もいれば、これだけ上げてるんだからまだまだ上がるだろうから買いたくなるという人もいる。 結果的にどちらが正しいかは分からないというより正解はないのである。 売買のタイミング次第で両者とも利益になるかもしれないし、逆に両者とも損失になるかもしれないからである。 ある特定の時点に限定するならどちらかが利益で片方は損失ということになるが、期間を限定しない限り今の時点で買っても売ってもどちらでも良いということになる。 ただ普通は自分の時間軸で考えているから売りだ、いや買いだとなる。 あーここまで書いてきて自分でも何が言いたかったのか分からなくなってきたが、結局自分の時間軸のトレンドに従うしかないんじゃないのということである。 つまり予想はする必要ないんじゃないのということね。


株式ランキング

独学の壁

 ポジションは持ってないし、相場もFOMCを前にして膠着状態だし、パソコンの前に座ってる必要は何もなかったので日中に毎月恒例の地元一之宮へ参拝してきました。 平日ということもあって参拝客も少なく落ち着いて参拝ができましたが、特に変わった光景に出くわすこともなく、土・日には出ている露店もなく何の面白みもない参拝でした。 そんなわけで今日はザラバを見ていなかったこともあり特に書くことがありません。 しかしノーポジはいいねえ、精神的に何の負荷もかからないから疲れることがない。 ポジを持ってても逆行してなければそれほど疲れることもないが、それでもノーポジと同じ状態というわけにはいかない。 含み益状態でもあくまで含み益であり、いつそれが無くなるかもしれないというストレスがかかっているからね。 まあそれでも含み損に比べたら天と地ほどの差はあるけどね。 ただ含み損のストレスも損切りさえちゃんとすれば大きな損を抱えることがないし、損を抱える時間も限られるから言うほど大きなストレスにはならない。 とは言うものの連敗が続くとやはり精神的には多少なりともダメージが残ってしまう。 ルール通りにシステマチックに売買を繰り返せばトータルでは勝てるということが身をもって分かっていないとそうなるんだよね。 つまり自分がやってる手法が本当に期待値プラスなのかどうなのかが過去検証などで証明されていることが大前提であり、その手法で相当の期間トータル利益を上げることができたという実績が必要になる。 それが独学だとまずこのルールを作る段階で四苦八苦するし、曲がりなりにもルールを作ったところで検証が十分にできるのかどうかが疑わしい。 となると期待値プラスのルールかどうかはっきりしないまま(一応自分では期待値はプラスになるはずだと思っているのだが)トレードをすることになるから、連敗が続くと不安になってしまいストレスを抱え込んでしまう。 でルールを弄ってみたりするが弄ったところで検証ができないのは同じだから依然として自信が持てない。 独学だと大体このようなパターンに嵌るのではないだろうか、私がそうだったから。 大学入試くらいなら塾へ行かず家庭教師もつけず独学でもそれなりの大学なら合格できるが、トレードはそうはいかないと思う。 もちろん勝ち組の中には独学で成功した人もいるが、その割合はかなり低いのではないかと想像する。 そのような人は恐らく普通に頑張る人の最低数倍は努力したのではないかと思う。 それか余程トレードセンスのある人だと思うのだが。 なのでトレードにおいては塾に行く(スクールに入る)か家庭教師をつける(師匠・メンターに師事する)ことなしに成功するのはまず難しいと思った方がいいように思うのである。


株式ランキング

上昇トレンド再開か

 いやぁー、連休前に売り玉全部決済しておいてよかった、持ち越してたらもの凄いダメージを負うとこやった。 全体は日経、トピ共に高値を更新して引けていることから(中期)上昇トレンドが再開される可能性が出てきた。 まだ今の時点では短期と長期は上昇トレンドだが中期は保ち合いである。 しかし長期が上昇なので中期も上昇に転じる可能性は高いと言える。 ただどういう要因でここから上昇していくのかと言われればファンダ面で明確なのは企業業績が好調であるということぐらいである。 まあ株価にとって最大の要因は企業業績だからそれが良いとなれば上がって当然と言える。 しかしまだ決算発表の時期ではないから企業業績を要因とするならあくまで今回も決算数字がいいだろうという予測でしかない。 私はファンダメンタルズについてはよくわからないので企業業績以外に株価を上げる要因があるのかどうかわからない。 あぁ、そういえば総選挙があるからその結果を見越して買われているのかもしれない。 とにかく私にすればファンダ要因は分からないが、短期トレンドが下降から上昇に転じて長期トレンドがもともと上昇なら中期トレンドもそのうち上昇に転じるだろうから株価は上がるという結論になる。 つまりファンダ分析はできないので何の要因で上げるのか分からないが、テクニカル的に見れば上げる可能性が高いと言える、ということになる。 なのでポジションを持つならロングということになるのだろうが、私は早くても金曜日にならないとポジションは持たないと決めているので明日、明後日はロングエントリーもしない。 しかしこのまま上げて行ったとしたら確かにトレンドは中期も上昇トレンドになるのだが、果たしてそこから買えるのかという思いもある。 でもそこでこれだけ上げたら下げるだろうなんて考えてショートしたらあかんのよね、とにかく相場はトレンドに逆らったら罰が当たることになっているからね。 最低でも短期トレンドが下向かないとショートはアカン、本来は中期トレンドが下向くまでアカン。 どうしてもポジション持つならロングだが、それが恐いならノーポジのままでいることだろうね。


スイングトレードランキング

Appendix

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR