Latest Entries

イメージ通り

 今日の日経は大幅反発となり、これで目先の短期的な暴落はなくなったと考えている。 暴落はないと思うが1月18日の安値付近までの急落は可能性として残されていると考えるものである。 そんな中で今日のトレードは指値にヒットするはずもなく、6営業日ぶりのノートレとなりました。 しかし昨日MUFGの売り玉を決済していてよかったと思う。 この先まだ下値があるかもしれないが、仮にそうだとしても昨日決済し損なっていて今日の反発の足を見れば精神的なダメージを受けることになり、メンタル面で今後のトレードに影響を及ぼすことになると思われるからである。 今までそういう経験を何度もしてきたのでメンタル面で悪影響の出ないトレードをこれからも心掛けたいと思う。 さて、今日の反発で私の保有銘柄もすべてが値上がりとなりましたが、買値を上回っているのは離陸寸前であると書いた日本碍子(5333)1銘柄のみで、あとはみな買値を下回ったままである。 こうしてみるとやはり買うなら強い銘柄を買わないことにはパフォーマンスは望めないということになってくるんだろうと思う。 強い銘柄というのはハッキリ押し目と分かるような押し目はないのが普通であるから買いずらいものであるが、そこを果敢に買うことができるかどうかで結果は全然違ったものになってくるんだと思う。 週末は銘柄分析にできる限りの時間を費やしたいと思う。 今週もお疲れさまでした。


株式ランキング

売り玉決済

 今日の日経平均は安値を更新する場面があったものの終値では前日比で44円ほど上げて陽線で引けています。 私からすればイメージ通りの値動きだったと思います。 これで下げ止まったとは思いませんが、今日の引け足からはやはり暴落につながるような展開にはならないような気がしています。

 で今日のトレードですが、昨日書いたように大きく下げなかったので今日は買い付けはしておりません。 買い付けはしませんでしたが残っていたMUFGの売り玉1単位を707.1円で決済しております。 この決済値は建て値と全く同じ値ですので手数料と貸し株料分だけ負けということになります。 まぁ一時はそこそこの含み損でしたから手数料等分の負けとは言え良かったと思っています。 指値はもっとずっと下でしていたのですが、2時半を過ぎても下げるような気配がなく、徐々に指値を引き上げて2時57分に建値である707.1円まで引き上げた次第です。 59分になった時点でも約定せず、諦めた瞬間一瞬707.1円まで下げる場面があったが、出来高的に自分の玉は約定できていないと思っていた。 そしたら携帯のメールの着信音が鳴って約定したことを知ったが、その時思ったのはやはり俺って「ついてる」だった。 とにかくこれで売り玉はすべて片づき買い玉のみとなりました。 売り玉の分のポジションが空きましたので明日以降そこそこ下げれば狙っている銘柄を買い付けていくつもりです。 狙っている銘柄はセクターで言えば機械、化学、電機、保険なのですが、電機は既にあるし、保険はMUFGの買い玉があり金融という点では同セクターとなるので、機械と化学の銘柄を優先的に買い付けるようにしたいと思っています。 これで5営業日連続のトレードですが、明日は大きく下げない限りさすがに途切れそうです。 では今週もあと1日、明日も頑張りましょう。


株式ランキング

急落だが暴落ではない

 NYの大幅下落により今日の日経も当然のごとく大幅に下落した。 75日線をも下回り収束していた3本の平均線を一気に下抜いたことで明日以降も大きく下げていくようなイメージで捉えている人がいると思うが、私は先行きをそういう風には考えていない。 まぁ今日で下げが終わるとは思っておらず、もう何日かは安値を更新するかもしれないが、ここから2週間も3週間も下げ続けるとは思わない。 つまり暴落という事態にはならないと今の時点では考えている。 今日一気に下げて75日線の下まで来たのは事実だが、まだ依然保ち合いの範囲内での動きである。 1月18日の安値を割り込む動きになればチョッと考え直す必要があるかもしれないが、それまではそれほど心配しなくてもいいんじゃないかと思っている。 まぁ具体的な株価で言うと下げても日経で18500円までだと思っています。

 で、今日の私のトレードはというと、昨日記事で書いた通りMUFGの売り玉1単位を715.7円(寄付値)で損切り決済しました。 損切りですが、昨夜注文を入れるときは今日ここまで下げるとは思っていなかったので、このトレードに関してはうれしい誤算となりました。 昨日、一昨日の買い付けのときも含めて3日とも約定値が寄付値となっていますが、3日とも寄り成り注文を出していたわけではなく、指値注文を出していたら指値よりも安く寄り付いた結果でそうなったまでのことです。 俗に言う「ツイてる」というやつですかな、まぁそう思っときます。

 さて明日のトレードをどうするかですが、明日はちょっと狂ってるとしか思えないおっさんの証人喚問を見るために有給休暇を取得していますのでザラバを見ることができます。 なので明日も結構下げるようなら突っ込んだところを買い付けたいと思っていますが無理はしないつもりです。 まぁ日経で200円ほど下げなければ買い付けることはないと思いますが、どうなるかその時になって見ないと分からないというのが正直なところです。 銘柄はまだ全く決めていませんが、買うならやはり強いものをと考えています。 200円下げれば18800円となるので「いいところ」かなという感じですかね。 では明日も頑張っていきましょう。


株式ランキング


今日も買い付け

 今日は日本碍子(5333)を2490円(寄付値)で買い付け、引けは2509円で終えています。 これで3営業日連続での買い付けとなりますが、セクター(業種)は鉄鋼、電機、窯業と分散させています。 銘柄だけを分散させてもセクターが同じであれば分散させた意味がないことになるので・・・。 今日買い付けた日本碍子は今週の戦略で書いた強い銘柄であるという認識でいて、例えれば飛行機が滑走路の端から速度を上げて離陸態勢に入ったところであると思っています。 まだ狙っている銘柄はありますが、さすがに明日は下げても上げても買い付けは見送るつもりです。 新規で買い付けることはしませんが、明日MUFGが下げるようなら売り玉を1単位分ぶった切ってポジションを空け、狙っている銘柄の買い付けに備えたいと思っています。


株式ランキング

銘柄選別

 この3連休は専ら銘柄選別に時間を費やしているのだが、未だに終えないどころかやっと3分の2が終わったところである。 東証1部全銘柄を水産の極洋から見始めて今その他製造まで終えたところである。 東証1部で1800以上ある銘柄の中から今後売買対象とする銘柄を選別しているのだが、最終的には300強の銘柄になりそうな感じである。 まぁ300もあればどのような相場環境下でも、エントリータイミングに来ている銘柄は必ずあると思われる。 だから今まで固定銘柄の時のような2ヶ月も3ヶ月も売買がないということは今後はあり得ないだろう。 全体が保ち合い相場でも1週間のうち最低でも1回や2回の売買はあると思っているが、本当のところはこれからやってみないと何とも言えない。 多銘柄の単発売買というトレードスタイルであれば、とにかく売買の回転数を上げて資金効率を最大化するようにしたい。 忙しいトレードをすることになるがたくさんのチャートを見る必要があることから、毎日退屈しなくて済むから楽しいと思うのだが・・・。

 今からちょうど11年前、平成18年の3月に多銘柄の単発売買を本気でやって行こうと思い立ち、その時もチャートを見て銘柄を選別していった記憶があるが、当時と今とではチャートを見た際の選別基準が大分と変わっているように思う。 まぁ当たり前と言えば当たり前で11年前と同じなら11年間チャートを見る目が変わっていない、つまりまったく進歩がないということになるからである。 11年前に今回と同じ投資スタイルでスタートしたのだったが、この時は利益を上げることができずに2年ほどで固定銘柄に移行していった経緯がある。 なぜこの時利益を上げることができなかったのかと言えば、銘柄の選別やチャートの見方が拙かったというよりも、木(個別銘柄)ばかり見て森(全体相場)を全くと言っていいほど無視していたからである。 今からすれば「そりゃ勝てんわな」と思うのだが10年ほど前は恥ずかしながらそのようなレベルだったのである。 まぁそのような過去のことも思い出しながら銘柄選別に励んでおりますが、今日で完了するのは不可能なので週末までには完了させたいと思っております。


株式ランキング