FC2ブログ

Latest Entries

ヒゲの最先端で売り

 今日は日本金属(5491)を1458円で売り建てましたが、先週金曜日に売った大氣社と同じくその日の最高値で売ったことになりました。 まぁまぐれなんですがそれでも1週間内に2度やれると気持ちはいいもんです。 そして陰線引けとなって1日だけでもそこそこの含み益が生じていますから、大氣社同様に短期間でそこそこの利益をあげたいものです。 今日のトレードはことほど左様にうまく行ったのですが、昨日売り建てた信越ポリマーが今日も陽線で上げていてイメージした動きと異なってきているのが気がかりです。 この銘柄に関しては所定の損切りラインまでは我慢してみようと思います。 さて今週も明日を残すのみとなりましたが、明日も2万パーセントの確率でトレードします。 そうです、言わずと知れたあの銘柄を。 もうチャンスは来ないと思っていたのですがひょっこりはんとなりましたので据え膳食わぬは男の恥とばかりにエントリーします。 今回は指値でひげの最先端を狙うようなことは致しません、寄り成りあるのみです。


スイングトレードランキング

1銘柄手仕舞いして1銘柄新規売り建て

 今日は先週金曜日に3245円で売建てていた大氣社を2945円で手仕舞いしました。 10%までは届きませんでしたが3日ほどで9%超の利益なら上出来ですね。 先行きもっと下はあると思っていますが取り敢えず利食いしておこうと・・・。 なんせラクーンでは15%以上あった含み益が終わってみれば損切りになってしまったという手痛いトレードを先月はやらかしたこともあって手堅く利確しておきました。 新規で売ったのは信越ポリマー(7970)で865円の指値注文を出していたら寄付値がちょうど指値となりました。 終わってみれば陽線引けとなり今日のところは含み損です。 この銘柄が今日戻すとは思わなかったので追っかけ気味のエントリーをしたのですが読みが悪かったですかね。 ただ今日の足なら想定の範囲内ですので、明日下げてくれればイメージ通りの動きとなります。 明日もある銘柄に指値注文を入れていますのでトレード予定なのですが、約定するかどうかは今夜のNYの動き次第となるでしょう。 もし大きく下げれば約定はしないと思いますがそれでも全然かまいません、候補銘柄はいくらでもありますから次のチャンスを狙います。


スイングトレードランキング

相場は2番底へ

 今日は予想通りのノートレとなりましたので個別トレードについては書くことがありません。 ということで全体相場について書くしかないが、私からすれば想定通りの展開であり特段書くこともないように思う。 日経は22600円弱で戻り一杯となって下げに転換し2番底を付けに行くところだと思っているが、2番底がどこになるかとなると良くて前回安値である21000円前後だろう。 しかし私はそこでは止まらないだろうと思っている。 根拠?そんなものはない、感覚だよ。 前回安値ということで一旦の小反発はあるかもしれないが、いずれ割り込むことになると思われる。 日経平均のチャートを見ていてもそんなには思わないが、TOPIXのチャートを見てたらつくづくそう思うのである。 日経平均で言えば3月安値である20400円処から20000円前後は覚悟しとかないとね。 そこまで下げるからって別に悲観することはないでしょ、カラ売ればいいだけじゃんと思うのだがそうもいかないのかね。


スイングトレードランキング

1銘柄新規売り

今日は保土谷化学工業(4112)を金曜日の終値である2767円に指値注文を入れて売り建てました。 建て値よりは安く引けてるし、終値でも金曜日より下げているので悪くはないのですが、陽線が2日連続したのと安値が更新されていないのが気に入らない。 もし明日も陽線で上げるようならイメージで描いていた値動きと異なってくるので、明後日の寄りで手仕舞い(損切り)してしまうかもしれない。 スルガ銀は金曜日の記事で書いた通りの展開(陰線引けで続落)となりイメージ通りである。 エントリーした後イメージ通りに値動きが推移するか否かは結構大事なことだと思っていて、イメージ通りにならない場合はロスカット値に届く前に手仕舞いした方が結果的にはいいようだ。 もちろん手仕舞いした後にイメージ通りの値動きになって悔しい思いをすることもあるだろうが、確率的には悔しい思いをすることはそんなに多くないように思うのだが、ちゃんと統計を取ったわけではないので正確なところは分からない。 まぁそんなことも考えながら明日もまたトレードすることになるのだが、明日はチョッとエントリーチャンスは薄いような気がしている。 というのも候補銘柄のチャートを見て、「ここや、今が絶好のエントリーポイントや」というものがほとんどないからである。 そらそんな日もあるわな、毎日毎日エントリーチャンスがある方がおかしいやろ、毎日あるとしたらそれはエントリーポイントの絞り込みが甘いということになるんやないかな、わしはそう思うとる。


スイングトレードランキング

今週の戦略

 今週の戦略としては先週後半から始めている戻り売りを本格化する予定である。 全体相場の方は戻り目途とした水準までもうちょっとのところまで戻してきたところであり、やや戻り足りない印象だが、個別では戻りの水準に到達しているものは売って行くつもりである。 その戻り売り候補銘柄はマイニングの結果多数保有しており選り取り見取り状態である。 あとはエントリーポイント(エントリータイミング)を慎重に見定めて、早く(フライング)もなく遅く(追っかけ)もないエントリーをすることに集中するだけである。 それとあとはエントリー時の注文方法、寄り成りにするのか指値にするのか、はたまた逆指値にするのかを使い分けることかな。 ということで今週は戻り売りの仕込みの週という認識でいる。
 今週の戦略とは直接関係ないが、今週はスルガ銀の中間決算が14日に発表されるとあって個人的には興味深い。 先週は900億円ほどの赤字決算になるという内容がリークされた結果短期的なあく抜けとなり一時ストップ高となったが、決算発表ではどういう反応をするのかに興味が湧く。 先週のリーク内容については、一応スルガ銀は当行が発表したものではないとのコメントを出しているが、当たらずとも遠からずであろう。 貸倒引当金を十分に積んだ結果として赤字決算になったというのを好感して先週はストップ高まで上げたのだが、引けではストップから剥がれ落ちて終えて、翌日は大幅に下げて引けている。 引当金をいくら積んだ結果900億円の赤字になったのかは今の段階では分からないが、少なくとも「十分な」額を積んだとは言えないだろう。 いや、正確に言うと今現在では十分と言えるのかも知れない。 だが銀行の不良債権なんてものは時間の経過とともにどんどん増えてくるものなのである。 今現在は返済に窮していない正常債権でも時間が経てば延滞債権となるものが出てくるのは容易に想像できるだろう。 そうなったら更なる引当金を積まなければならなくなる。 十分な引当金を積んだというが、銀行なんてギリギリ最低限の引当金しか積まないのが常である。 まして腐りきった銀行がそんなこと(十分な引当金を積む)をするとは私には到底思えないのである。


スイングトレードランキング

Appendix

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR